教育体制が万全 | 子供の能力を伸ばしていって将来の夢の達成に近づけよう
children

教育体制が万全

中学受験をするまでにかかる費用

現在首都圏を中心に、中学受験を受ける生徒が増加しています。少子化傾向にある今の日本ですが、その教育への関心は高くなっています。 この中学受験を行う学校は、主に私立となってきます。高校または大学までエスカレーター式で進学できるシステムが特徴となり、その高い教育体制も人気の1つです。 この中学受験を受けるにはある程度の学力が求められるので、塾に通う生徒がほとんどです。小学校6年生の終わりに中学受験が行われることから、それを目標に一定期間塾に通うことになります。小学校4年生から塾に通い出す生徒が多く、その費用は年間で約50万円が平均です。そして6年生になってくると、費用が増えて倍近くになることもあります。それは授業回数や教材が増えたことが理由で、受験対策の特別講座も行われるためです。この他に、塾への交通費や受験費用なども用意しておかなければいけません。中学受験は、ある程度余裕を持って対策に挑むことが大切です。

より良い教育の質を求めて

この私立中学自体が、昔よりその数が増えてきています。昔の私立中学は伝統ある学校に限られていましたが、高い教育が求められる社会で続々と新設されてきたのです。今では首都圏または近郊の小学6年生の約半分が、中学受験を受ける時代となりました。昔と比べて、私立中学への価値観が変わってきているのです。 このような教育の変化は、より良い教育の質を求めた結果として表れています。子供に良い教育を受けさせたいという親心の他に、将来への期待も込められています。教育で得られる無限の可能性を、中学受験に託すことが定着してきたのです。 昔は高い学力の生徒が私立中学へ進学していましたが、今は私立中学によってレベルが違ってきています。そのため特別優秀な生徒でなくても、頑張れば入学できる可能性も大きくなってきました。教育から得られる可能性を信じて、多くの親子が中学受験を目指して励んでいます。